ダイエット授乳中

 

産後のダイエットは早めに取り組みましょう

妊娠中は体重管理をどんなに頑張っても体重は増えてしまいます。

 

お腹の赤ちゃんの分と胎盤や羊水の分以外にも、血液量が増えるので
妊娠期間中は4〜6キロ程度は必ず太ってしまいます。

 

それ以外に増えたものは脂肪です。

 

妊娠中は脂肪も必要になりますので、妊娠期間を通して4〜10キロ程度は太っても
あまり気にしなくてもいいのですが、産後は元の体重に戻したいと思いますよね。

 

そこで産後ダイエットに早速取り組みたいと思うのですが
産後1ヶ月は無理せず赤ちゃんと一緒に体を休めてください。

 

1ヶ月検診のあたりで医師からGoサインが出たら真剣にダイエットに取り組んでください。

 

早めにダイエットに取り組むことで増えてしまった脂肪も早く以前の状態に戻っていきます。

 

妊娠中に食べ過ぎていた方は特に気をつけてください。

 

授乳中はお腹がすきやすいのでついつい食べ過ぎてしまい、なかなかダイエットにならないという方もいます。
でも、肥後すっぽんもろみなら安心してダイエットに取り組めますよ!

 

産後のダイエットはなぜ早く取り組まなければいけないかというと
赤ちゃんの成長にともなって赤ちゃんは寝ている時間がどんどん少なくなり
相手をしてあげる時間が増えてきます。

 

相手にする時間が増えるにつれて自分の時間は少なくなり体を動かす時間がどんどんなくなってしまうのです。

授乳中は簡単に痩せるは嘘?

母乳をあげていたらどんどん勝手に痩せていくから妊娠中はちょっと増えたって大丈夫!

 

そんな話は聞いたことがありませんか?

 

その言葉を聞いて安心して食べて体重を増やし出産して授乳中なのに
なぜか全く痩せないという話はよく聞く話です。

 

確かに母乳育児で痩せる方も多くいます。

 

しかし、実際のところは授乳中はお腹がとても空いてしまうので食べ過ぎてしまい
なかなか痩せないという方も多いのです。

 

和食中心の食生活をしていると母乳はよく出るので比較的痩せやすい状態になるのですが
旦那さんの好みに合わせて脂っこい食事をしていたり、間食をしていると
体重は出産時よりも増えてしまったなんてこともあるのです。

 

授乳中に脂っこい食事をすると乳腺が詰まったり、質の悪い母乳が作られてしまい
赤ちゃんも母乳を美味しいと感じないようです。

 

ドロドロの母乳なんて赤ちゃんも飲みたいと思いませんからね。

 

授乳中は特に運動をしなくても痩せるといいますが、本当に痩せた方は
食事内容に気をつけているのです。

 

母乳を作るために栄養をたくさん摂らなければ、お腹が空いて我慢できないからといって
食べたい放題食べていることが授乳中に痩せない原因となっているようですね。

 

授乳中はあっさりした食生活を心掛け質の良い母乳を作ることを考えましょう。